『新馬戦買わないなんてもったいない!』&『ダート馬券研究所』

スポナビブログ時代1日40000PV達成!2015.16年新馬戦回収率113~128%とらじろが頑張るブログ。 ダート馬券を取る為の作戦会議も開始。

スポンサーリンク

【カペラSにも使える】ダート1200mに注目【ダート馬券研究所】

今週はカペラSが行われますね。とらじろです。

金満血統的には注目のレースでして、うちもダート馬券研究所を行っておりますので、たまにはダート研究をしてまいりましょう。

f:id:torachin13:20181205161013j:plain

 

今回はカペラSにこだわらず、中山ダ1200を中心にダート1200mの基本をみていきましょう。

 

本日のお品書きです。

 

ダートの1200mが行われている競馬場は?

中山、阪神、京都、新潟の4コースです。他の競馬場は1000mだったり1150mだったり1300mです。ゴールは同じ地点になるので、そこから1200m遡った所にスタート地点が作れるかどうかです。コーナーだったり、幅が狭かったり、コーナーがすぐだったりだとつくれませんよね。そういうことです。

 

距離は同じ1200mだし、タイムもあまりかわらないよ?

同じ1200mです。時計もそんなにかわりません。

中身が大分違います。砂質とコースの高低差やらコーナーの角度やらでラップが違います。

中山ダ1200はこちらの写真をごらんください。

f:id:torachin13:20181205165158j:plain

内の馬が既に後ろの方でダートに入ってるにも関わらず、外の馬はこんなに前に居るのにまだ芝走ってます。思っている以上に外枠が断然有利です。

 

では中身をみてましょう

過去5年間の全場のダ1200の平均と、各競馬場の平均。

それを古馬オープン競走と古馬全レースで出してみました。

f:id:torachin13:20181205162150j:plain

平均より早い所は黄色、遅い所は青で出しています。

中山はダーッと前半突っ込んで、後半は限界の中頑張れ頑張れ状態。

京都は前半力を溜めて、後半に余力を使って行っけぇーって競馬。

 

京都ダ1200のラップで勝ってくるような馬は、中山ダ1200では危なそうというのはここからです。京都1200馬は前半でいつもより力を使ってしまって、後半はいつもより余力がない状態で頑張らないといけません。脚を溜めて直線ギューンと伸びるディープインパクトとは真逆の条件ですね。イコールでノーザンが苦手な条件という事ですね。

馬ってのは走る距離を知りませんから、いつもよりこんな早いペースで走ってるんだから、もう無理っスとなる可能性もありますよね。

他では新潟ダ1200が変わったラップだと思いませんか。前半早い~中盤遅い~最後もちょっと早い。このラップの通り、新潟ダ1200は有利です。前行った組が途中でゆっくりできますからね。特に600~400が遅いですね。ここは3角入ったところから4角半ばです。新潟はコーナーがキツイので落ちるんですね。だから後ろの馬はここで差を詰めれないし、外を回らなければいけないので届きません。

 

カペラSはどうなの?

f:id:torachin13:20181205163704j:plain

ここ5年のカペラSを並べました。

更に前半が速くなります。前半が33.5。京都OPで34.6。1.1秒違います。大体6~7馬身。京都組もある程度ついていく流れになりますから、逃げ先行で勝ってきた馬にはかなり辛い流れ。かなりの前傾ラップになりますので、買うなら差し追込タイプ。

 

カペラSを更にくわしく

というわけで京都1200組は注意が必要です。

過去5年のカペラSを見ても

前走が京都ダ1200(1-0-0-23/24)勝率4.2% 単回値27 複回値10

唯一勝ったディオスコリダーは有利な大外枠でした。中山実績、新潟実績があり前半突っ込んで粘るという競馬を何走か経験していたのは良かったのかもしれませんね。

1400mからの短縮馬も好調です(3-3-3-23/32)単回値205 複回値110

かなりのHラップになりますから前走距離走ってた馬の方が単純に有利ですね。

 

母父。ストームキャット、フレンチデピュティ、ファビュラスダンサー、ワイルドラッシュとノーザンダンサー系が並びました。持久力勝負が向いている系ですね。 

 

ノーザンファーム馬は唯一ノーザンリバーが勝利。

有利な短縮馬で、2013年は前半のペースが珍しく緩く上がり勝負になったのが良かったんでしょうね。

 

というわけでカペラSを簡単にまとめます。

・前走京都1200で好走してきた馬は疑おう。

・距離短縮組が有利である。

・メンバー次第が、かなりの前傾ラップになりやすい競走なので差し追い込み馬3割増し。

 

狙いの種牡馬等は、ぬーさんが先日あげていたブログが使えると思いますのでこちらもよろしければどうぞ。

www.nunununonu.com

 

今回は以上になります。

お読みいただきありがとうございました。

 

私も楽しみな金満血統王国の新刊はこちらです。