『新馬戦買わないなんてもったいない!』&『ダート馬券研究所』

スポナビブログ+時代は1日40000PVを達成!2015.16年と新馬戦だけなら回収率113~128%のとらじろが頑張ってみるブログ。 ダート馬券を取る為の作戦会議も始めました。

スポンサーリンク

【単勝で万馬券】単勝万馬券作戦会議その1

最近は寒くなったり暑くなったりで、日本の四季は実は『夏夏冬冬』じゃないかと疑ってしまう今日この頃です。こんにちは、とらじろです。

 

さて、本日は単勝万馬券研究所をお送りします。本日は作戦会議その1です。

 

『単勝万馬券研究所とは』

狙って単勝万馬券を当てようが目的です。確率的には単勝万馬券の馬を買い続ければ約0.29%です(2016年~現在)。350頭に1頭勝つって確率ですね。ただですね、この単勝万馬券。週に1頭も出ない事も当然あります。なので、複勝も買おうかなと考えております。

目標としましては、単勝が100倍以上、複勝が20倍以上にします。

 

私自身、単勝万馬券を狙って取ったことは1度あります。(80倍位は何度かあるんだが…)

10年くらい前に福島の未勝利戦でアラビックリーダーという馬を買って単勝135倍位つきました。土砂降り&恒例の4月福島外差しの馬場で、オペラオー産駒を狙うという簡単な予想で、当たりました。(2着は抜けました)

 

まあ単勝万馬券を狙う変な人は私くらいだと思いますので、皆さまは穴馬の参考にという感じで見ていただければ幸いです。

 

さて、前置きも長くなってきましたので、作戦会議にまいりましょう。

 

そもそも単勝万馬券はどうやって出ているのか、多方面からデータで見ていきましょう。

目立ったデータをピックアップしていきます。

(集計期間2016. 1.10 ~ 2017. 5. 7)(単勝100倍以上の成績)

 

新馬 2- 8- 5- 828/ 843 0.2% 1.2% 1.8%

未勝利 22- 33- 54- 6800/ 6909 0.3% 0.8% 1.6%

500万下 13- 20- 42- 3580/ 3655 0.4% 0.9% 2.1%

1000万下 3- 5- 23- 1219/ 1250 0.2% 0.6% 2.5%

 

2歳 6- 16- 20-1939/1981 0.3% 1.1% 2.1%

3歳 21- 35- 48-7129/7233 0.3% 0.8% 1.4%

4歳 7- 11- 23-1627/1668 0.4% 1.1% 2.5%

 

うーん。ここまでは目立った特徴はありませんね。

 

続いて、よく出ているコースをみていきましょう。(芝・複勝率ソート)

京都・芝1200 1- 1- 2- 96/100 1.0% 2.0% 4.0%

小倉・芝2000 2- 0- 3-129/134 1.5% 1.5% 3.7%

中山・芝1200 0- 3- 2-129/134 0.0% 2.2% 3.7%

新潟・芝1600外 0- 2- 1-101/104 0.0% 1.9% 2.9%

中山・芝1800 0- 2- 2-162/166 0.0% 1.2% 2.4%

京都・芝1800外 1- 0- 3-173/177 0.6% 0.6% 2.3%

阪神・芝1800外 1- 1- 2-187/191 0.5% 1.0% 2.1%

京都・芝2000 1- 1- 1-144/147 0.7% 1.4% 2.0%

中山・芝2000 1- 1- 3-247/252 0.4% 0.8% 2.0%

 

京都と中山が多く、中距離が目立ちますね。逆に東京は全くダメです。

 

続きます。(ダート&複勝率ソート)

小倉・ダ1700 2- 2- 2-200/206 1.0% 1.9% 2.9%

京都・ダ1800 3- 2- 9-491/505 0.6% 1.0% 2.8%

京都・ダ1400 0- 3- 7-364/374 0.0% 0.8% 2.7%

京都・ダ1200 1- 2- 6-343/352 0.3% 0.9% 2.6%

東京・ダ1400 1- 3- 8-474/486 0.2% 0.8% 2.5%

新潟・ダ1800 0- 2- 2-182/186 0.0% 1.1% 2.2%

東京・ダ2100 0- 2- 1-138/141 0.0% 1.4% 2.1%

東京・ダ1600 4- 2- 5-532/543 0.7% 1.1% 2.0%

中山・ダ1800 1- 3- 9-746/759 0.1% 0.5% 1.7%

中山・ダ1200 1- 6- 6-758/771 0.1% 0.9% 1.7%

 

あら中山ダ18が一番じゃないんですね。これは意外でした。分母おおいからか。

こちらも京都が多いですね。ダートに限れば東京がグンと増えてきました。

 

流れでダートの分析をしましょう。

【ダート枠順成績】(芝は内も問題なしで差が無い)

1枠 0- 1- 10- 783/ 794 0.0% 0.1% 1.4%

2枠 2- 6- 13- 896/ 917 0.2% 0.9% 2.3%

3枠 3- 9- 11- 905/ 928 0.3% 1.3% 2.5%

4枠 1- 9- 6- 891/ 907 0.1% 1.1% 1.8%

5枠 3- 6- 13- 947/ 969 0.3% 0.9% 2.3%

6枠 7- 4- 8-1024/1043 0.7% 1.1% 1.8%

7枠 3- 4- 7-1004/1018 0.3% 0.7% 1.4%

8枠 3- 4- 10- 927/ 944 0.3% 0.7% 1.8%

 

まあコースにもよりますが、お決まりで1枠は不利です。

東京16や中山ダ12.18は外枠有利ですので納得です。もう少し6~8枠に数字が出ると思ったんですが、これは集計数が少なかったでしょうか?

 

では、ダートの血統にいきましょうか。

【ダート種牡馬成績】(着度数ソート)

プリサイスエンド 2- 2- 0- 89/ 93 2.2% 4.3% 4.3%

エンパイアメーカー 2- 0- 2-198/202 1.0% 1.0% 2.0%

ファスリエフ 2- 0- 2- 97/101 2.0% 2.0% 4.0%

ディープスカイ 1- 3- 1- 99/104 1.0% 3.8% 4.8%

ヴァーミリアン 1- 3- 0-141/145 0.7% 2.8% 2.8%

キングカメハメハ 1- 2- 2-142/147 0.7% 2.0% 3.4%

ブラックタイド 1- 1- 1-134/137 0.7% 1.5% 2.2%

———————————————————–

バトルプラン 0- 3- 3- 61/ 67 0.0% 4.5% 9.0%

キンシャサノキセキ 0- 2- 3- 95/100 0.0% 2.0% 5.0%

 

バトルプランとキンシャサは優秀だったのでピックアップしました。

サウスヴィグラスやクロフネは人気しちゃうのもあるんでしょうがランク外となりました。

 

ではダートを離れまして、騎手で見てみましょう。

騎手と言えば、まず減量効果ってどうなのってとこですよね。データをドン!

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値

—————————————————————————————–

減:無・不明 29- 52- 108-10045/10234 0.3% 0.8% 1.8% 50 49 49.3

減:☆(1K) 3- 6- 5- 684/ 698 0.4% 1.3% 2.0% 56 72 74.3

減:△(2K) 1- 5- 10- 1278/ 1294 0.1% 0.5% 1.2% 22 38 14.4

減:▲(3K) 7- 14- 12- 1636/ 1669 0.4% 1.3% 2.0% 79 60 77.2

—————————————————————————————–

 

特に特徴はありませんでした。▲の短距離はもっと影響があると思いましたが、短距離でも目立った数字が出ず。うーん。

 

【斤量の傾向(前走との比較)】

増減無し 10- 18- 34-3000/3062 0.3% 0.9% 2.0%

増減±1kg以内 12- 24- 40-3998/4074 0.3% 0.9% 1.9%

今回増 2- 4- 15-1406/1427 0.1% 0.4% 1.5%

今回1~1.5kg増 2- 3- 6- 659/ 670 0.3% 0.7% 1.6%

今回2~2.5kg増 0- 0- 2- 318/ 320 0.0% 0.0% 0.6%

今回3kg以上増 0- 1- 7- 428/ 436 0.0% 0.2% 1.8%

今回減 3- 4- 5-1192/1204 0.2% 0.6% 1.0%

今回1~1.5kg減 0- 3- 0- 341/ 344 0.0% 0.9% 0.9%

今回2~2.5kg減 1- 0- 5- 377/ 383 0.3% 0.3% 1.6%

今回3kg以上減 2- 1- 0- 474/ 477 0.4% 0.6% 0.6%

 

思った以上に差が出ませんでした。

まあ、減で勝率がポツポツ出てるので、効く馬もごく稀に居る位のレベルでしょうか。

 

【騎手別成績】(着度数ソート)

岩崎翼 3- 2- 2-187/194 1.5% 2.6% 3.6%

丸山元気 2- 1- 1-143/147 1.4% 2.0% 2.7%

高倉稜 2- 1- 1-200/204 1.0% 1.5% 2.0%

三津谷隼 2- 1- 0-202/205 1.0% 1.5% 1.5%

的場勇人 2- 1- 0- 95/ 98 2.0% 3.1% 3.1%

田中健 2- 0- 2- 93/ 97 2.1% 2.1% 4.1%

古川吉洋 2- 0- 1-170/173 1.2% 1.2% 1.7%

横山和生 2- 0- 0-150/152 1.3% 1.3% 1.3%

野中悠太 1- 5- 2-324/332 0.3% 1.8% 2.4%

北村友一 1- 2- 3- 72/ 78 1.3% 3.8% 7.7%

—————————————————

江田照男 0- 3- 1-259/263 0.0% 1.1% 1.5%

 

一応、穴と言ったらの江田照さんをピックアップしておいておきます。

岩崎騎手とは予想できませんでした。また、複勝率だと北村友騎手の圧勝でした。

 

【前走の負け着差】

負0.6~0.9 0- 4- 11- 746/ 761 0.0% 0.5% 2.0%

負1.0~1.9 9- 13- 23-2321/2366 0.4% 0.9% 1.9%

負2.0~2.9 5- 4- 7-1157/1173 0.4% 0.8% 1.4%

負3.0~3.9 0- 2- 5- 547/ 554 0.0% 0.4% 1.3%

負4.0~ 1- 0- 2- 391/ 394 0.3% 0.3% 0.8%

 

2.9以上負けた馬は少し手控えたい感じでしょうか。

 

とりあえずザーッとデータ並べてみましたが、コース以外は、思ったより傾向が出なくてヤバいですね。私も出すには出したんですが、特に表記する事が無く、どうしようという感じでした。全体をザーっとじゃなくて、傾向絞って行かないとなかなか出てきませんね。次回はもう少し考えて書いていこうと思います。

 

以上になります。

 

はっきり言って今回はあまり内容が無くて申し訳ないです。途中で訳わからなくなってきました。

 

本日も、長文お読みいただきありがとうございました。

なかなか良かったですよと思ってくれた優しい方は支持するを頂けるとモチベアップします。

 

ではでは。