『新馬戦買わないなんてもったいない!』&『ダート馬券研究所』

スポナビブログ+時代は1日40000PVを達成!2015.16年と新馬戦だけなら回収率113~128%のとらじろが頑張ってみるブログ。 ダート馬券を取る為の作戦会議も始めました。

スポンサーリンク

ステイゴールド系は新馬戦で買えるのか&シングンオペラはステキ[新馬戦考察]

新馬戦回顧やらんのかねと思われてる皆さまこんばんはとらじろです。

先週は6戦3勝でしたが、ほぼ全ての新馬が堅いという事で、回顧しなくてもお馬さんの脚が速かったから来たという回顧しかできないので割愛します。唯一、穴推奨したのだけやります。

それと今回はタイトルの通り「ステイゴールド系の新馬」を研究していこうと思います。

まずは先週の穴推奨。

単勝42.2倍 2着 シングンマイケル

大穴なら12。シングンオペラの産駒地味に走るんですよね。押さえる価値あり。

この馬買うのは簡単でしたね(違←古い

シングンオペラの産駒の新馬成績】

新馬 2- 1- 2- 3/ 8 勝率25.0% 複勝率62.5% 平均人気8.1

これは人気面からして、まず非常に優秀なわけで、内訳を見ると2,3,4月生まれでの成績でまた優秀。更に馬体重は420~470kg台(多い方が有利)の成績とあって褒めるしかありません。産駒はだんだん頭数が増えてきて、今年は7~8頭ですか。母父ハーツやスペシャルウィークの子等、繁殖レベルが上がってきましたので、更に注意ですね。人気するかもですが。

このシングンマイケルですが新馬の内容も(ラス3Fが12.2-11.8-11.6と加速ラップで)かなり良かった。武士沢騎手が併せなかったら、勝ってたのはこちらでしたかね。次走は勝てそうですし、勝ったインシュラーも良い馬ですね。この新馬の1,2着は次走注目します。

さてお待たせしましたステイゴールド特集です。

ステイゴールドといえば、オルフェーヴルゴールドシップ等の産駒が今後デビューしますね。その前にステイゴールド自身とドリームジャーニーナカヤマフェスタの3頭の傾向を見ていこうと思い、今回はデータをピックアップしながらまいりましょう。

ステイゴールド新馬成績】

新馬 52- 64- 64-696/876 勝率5.9% 連帯率13.2% 平均着7.4 平均人気7.0

1人気 12- 11- 5- 22/ 50 勝率24.0% 連帯率46.0% 平均着4.3

シングンオペラの見た後だと舐めてんのかと思ってしまいますが、ステイゴールド新馬成績は悪いです。1~4人気の内容を見ても全てにおいて平均以下です。新馬買ってはいけない種牡馬認定しましょう。

札幌 2- 5- 4- 18/ 29 6.9% 37.9%

函館 2- 2- 4- 15/ 23 8.7% 34.8%

東京 13- 10- 11-147/181 7.2% 18.8%

中山 8- 9- 11-121/149 5.4% 18.8%

京都 5- 6- 9-141/161 3.1% 12.4%

成績自体は、東京、中山で勝ち上がってますが札幌、函館がまだ買える条件でしょうか。京都では結果が出ていません。ただでさえ、ドスローの瞬発力勝負になりやすい新馬戦が向いていないのは納得で、重い北海道の芝で成績ではまだマシというわかりやすい傾向です。

次に新馬で向いてないんだろうなと思った2点目。

私の感覚から言いますと、新馬戦は体重が重ければ重いほど有利です(ショーグンとかクリーンみたいな馬はダメよ。540kg位までね)ステイゴールドの産駒は自身も小さかったですが、産駒も同じ傾向があるので不利です。ちなみにこの馬体重理論サラッと書いてますが、私の中ではかなり重要な理論の一つで、新馬戦予想時には結構比重を置いていたりします。

続いて、馬場状態。

芝 重 3- 5- 3- 28/ 39 7.7% 28.2%

芝不良 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 40.0%

産駒は渋った馬場が得意な傾向にありますが、新馬でも同じ傾向です。瞬発力勝負回避という面が大きいんでしょうかね。

結論:「ステゴ、新馬で買うのは控えるんゴ」というところでしょうか。

産駒も今年の夏がラストでしたっけ?来年1頭だけいるんだっけ?なので、まあ人気で蹴って妙味があると考えます。

続いてナカヤマフェスタ

新馬 1- 7- 3-62/73 勝率1.4% 連帯率11.0% 平均着8.3 平均人気9.5

勝率1.4%が目に入っちゃいますが、まず人気する馬が少ないですね。繁殖レベルが高くなく、成績上位で母父を挙げると、メジロライアンヘクタープロテクターマヤノトップガンラムタラと全米が泣けるレベルとなっており、多少同情の余地ありです。

函館 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%

新潟 1- 2- 0- 8/11 9.1% 27.3% 27.3%

中山 0- 2- 1-18/21 0.0% 9.5% 14.3%

もうほとんどおまけレベルの頭数の少なさのデータです(笑)

こちらは新潟で3頭が穴をあけてます。が、目立った傾向も浮かばずです。

データが少なく出しませんが、不良馬場では12人気で4着1回。ステゴと同じく渋った馬場は得意でしょうね。

結論:そもそもほとんど人気しないから、複勝回収率は97%あります。気になったら買え。着順固定なら2、3着。

続いてドリームジャーニー

勝ち上がり率は悪くないドリジャニですが、新馬はどうでしょうか。

新馬 3- 2- 5-39/49 勝率6.1% 連帯率10.2% 平均着7.9 平均人気6.9

こちらもシブイですねえ。。。新馬では買えない数字です。

あえてアプローチするなら1月生まれが出走2でした。もう少しいれば多少は良かったかなと見ます。また、馬体重がステゴと同じく、小さい馬が大変多く不利な材料となっています。

1番人気 1- 0- 3- 0/ 4 25.0% 100.0%

2番人気 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0%

3番人気 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0%

さすがに社台グループだけあって、フェスタに比べ人気する馬います。良血の馬は初戦から人気通り勝ち上がった結果ですね。社台、ノーザンなら買っても良いですね。が、他は用なしの結果となりました。産駒はフェスタと同じく、中山、中京、新潟で結果を出しています。ステゴに続き芝の重で少しだけ数字出してます。こちらも渋った馬場ならでしょうか。

結論:フェスタ以上に人気薄は消し。妙味もない。社台、ノーザンの人気だけ買え。

以上でございます。

長文お付き合いいただきありがとうございました。内容良かったZE☆という方は、支持するをどうぞ!多ければ今後もこの路線でいきます。

次回は土曜の新馬予想ですが、金土と夜勤の為、更新が朝の可能性大です。

ではでは。